FC2ブログ

TURBULENCE

Good-bye halcyon days

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Fate終わったーーーーーーーーーー。

ちょっとネタバレ含んだ感想的なものを。

Fate「俺的」ランキング

…いや、最初は普通に各ルートの展開をなぞって長文雑感とか書いてたんですが
ふと読み返してみると、どうにも厨臭い駄文になってました。
俺にしては非常に珍しいくらいの長文だったのですが、恥ずかしいので全廃棄。
代わりにやや趣向を変えて各部門のランキングなんてものを書いてみました。

*萌えキャラとか燃えキャラとかはランク付け不可能だったので除外



名シーン
1.冬の森
2.固有結界“無限の剣製”
3.“全て遠き理想郷”


1位は凛ルートのイリヤ回想~その最期まで。
ベタと言えばベタベタなんですが、わかっていても弱いのよこういうの。
またBGMのローレライも反則級。
設定・文章・絵・音楽、全てを総動員して俺の涙腺を緩ませる憎いシーンでした。
2位と3位は凛、セイバールートのラストバトル。燃えー。激燃えー。
戦闘シーンは全てがひたすらに熱くて順位付けが難しいー。
3部でのvs黒バサカとか、言峰vs真アサ&臓硯とかも捨て難いのですが…。


迷シーン
1.「ダメでござる。今日は断食でござる」
2.オレ外道マーボー今後トモヨロシク
3.桜ルート、ギル様油断スキル全開


はらぺこキャラ萌え。最も多く再読したシーンかも。
ただ名前だけで発売前から山岡と言われてた士郎ですが
こんなステキな栗田さんが側にちゃんと居たとは。あなどれねー。
2位はマーボー神父。2部が別名士郎ルートなら3部は別名言峰ルート。
1部・2部の神父はこの瞬間の為の遠大なネタ振りだったのかも知れない。

そして、俺の中でギル様のキャラが完全に固まったあのシーン。
いやいやしかし、聖杯の泥にも染まることのなかったギル様のこと。
きっとクライマックスで味方として颯爽と現れるに違いない!
士郎の無限剣製(3部では使えないけど)とギル様のゲートオブバビロンの最強タッグ!
自らを犠牲にセイバーを目覚めさせるギル様! 燃えるー!!

本当にそれっきりでした。( ´∀⊂)ギル様…。



その他印象に残ったシーン
1.夢遊病桜
2.桜ルート、ランサー敗北
3.桜ノーマルED


名でも迷でもないけど印象的なシーン。って全部桜ルートだ。
「ぶるぶると震えてゴーゴー」を筆頭に全ての文節が印象的な夜の街徘徊シーン。
正直ちょっとダレかけてた中盤のいいアクセントでした。
3部でのランサーの扱いはショック。ただただショック。
桜ノーマルEDは…

個人的には、みんなハッピーで大団円なラストよりもどこか切なさの残るラストが好きなのですが
これは切なすぎる…。
先にトゥルーEDを見ちゃったのでFateの最後を締めるEDがこれに…。
「春が来た」の繰り返しは非常に美しくはあるのですが。



名台詞
1.「―――バーサーカーは強いね」
2.「(前略)もとよりこの身は、ただそれだけに特化した魔術回路―――!」
3.「別にアレを倒してしまっても構わんのだろう?」


冬の森、2冠達成。ここだけ抜き出すと何の変哲もない台詞ですが
プレイ中は魂を鷲掴みにされるようなインパクトでした。
2位は「勝利すべき黄金の剣」投影シーン。
戦闘シーンのクライマックスにはいつもイカス台詞を連発する主人公ですが
ここはやはり初めて鳥肌が立ったシーンである1部のvsバサカのこの台詞を。
3位は同じく1部より、アーチャーの台詞。カッコ良すぎ。頼もしすぎ。
アーチャーが背中で語る台詞は全て名台詞。


迷台詞
1.「うわぁぁぁあああん! ヘンなのに士郎取られちゃったーーーっ!!!」
2.「了解した。地獄に落ちろマスター」
3.「食うか―――?」


1位は本編中、唯一藤ねえに本気で萌えたシーン。
いや大好きですよ藤ねえ。純粋な「萌え」を感じたのはココだけですけど。
2位はプロローグのアーチャー。
これだけでこのコンビはベストカップルだと確信しました。
3位については前述。とにかくワロタ。



立ち絵
1.眼鏡っ子ライダー
2.お風呂上りセイバー
3.邪悪な笑みセイバー



「桜シナリオのEDで出てくる私服では魔眼殺しの眼鏡をつけた眼鏡っ子だよ! と思いついたときは
俺はすわ天才かと思いました(笑)」(マテリアルにて武内さん談)
狂おしいほど同意。アンタ天才や……!!

風呂上りセイバーに100万トキメキ。選択肢によっては見れなかったりもしますが
これを見ずにフルコンプとは決して認めねー。
3位もレアもの。この黒セイバーより悪そうな顔がたまらーん。

いずれ、この鬼のような立ち絵の豊富さが間違いなくFateの大きな魅力のひとつだと思うのです。
立ち絵もグラフィックモードで閲覧できたらよかったのに…。



イベント絵
1.冬の森
2.凛トゥルー、エミヤの笑顔
3.十年前の回想、泣きそうな切嗣の顔
3.桜トゥルー、4人の背中


冬の森、3冠達成。もう語ることもありません。

2位は凛トゥルーでのエミヤ。なんていい顔してるんだろう…。
正直、どのヒロインの笑顔よりも魂奪われたのは秘密。
3位は切嗣のアップ。
本編中、最初に涙腺を刺激された絵だったので。これもいい顔だ…。
同率3位。桜トゥルーの4人…ていうかぶっちゃけライダー。
あのタルいんだか照れてんだか微妙なポーズが最高だと思うのです。
後ろ姿にこんなにときめくのは初めてかも知れん。



補完希望キャラ
1.キャスター&葛木
2.ランサー
3.一成
4.慎二
5.ルヴィアゼリッタ


1~3位は本編での扱いが不遇だったキャラを好きな順に並べてみましたって感じ。

1位は言うほど不遇ってわけでもないかも知れませんが日常とかもっと見てみたかったもので。
加えてキャスターは「金羊の皮(精霊付き)」なんて話広げて下さいと言わんばかりのステキアイテム持ってるし。
ランサーはバゼット嬢との絡みとか。一成は凛との大バトルとか。
ファンディスク宜しくー。

慎二は、本編では完全無欠にいいとこなしの小物でしたが
どうして士郎はこんなヤツと付き合ってたんだろうという謎が残ったり。
仲が良かった頃の士郎と慎二の話が読みたいです。
ルヴィア嬢は…ぜひファンディスクで時計塔編きぼんぬ、ということで。



いじりやすさ
1.ギル様
2.セイバー
3.マーボー神父



ギル様仏恥義理。体はネタで出来ている。



萌えタイガー道場
1.しょんぼりセイバー(9話)
2.出戻りイリヤたん「わーん! もうプライド大安売りー!」(27話)
3.飛頭蛮RIN「素敵だ…!」(19話)


プレイ前にこのタイガー道場の存在を聞いた時、浅薄にも
「えー。出張知得留先生でいーじゃん」などと思ってしまいました。
すみませんでした師しょー! もはやこれは影の本編であります!



タイガー道場でイリヤたんに着て欲しかった服
1.巫女服
2.浴衣
3.着物
4.ゴスロリ



これはただ俺の属性をバラしているだけじゃないのか。



不満点
1.イリヤルート…
2.凛ルート終盤の展開
3.濡れ場での士郎のふがいなさ(笑



あちこちで散々言われている事ではありますが、やはりイリヤルートが欲しかった…。

3部は桜個人の物語に絞って、4部のイリヤルートで聖杯戦争の終結を描くべき
だったのではないかと。

次に、全ルート中最燃えとの評判高い凛ルートでしたが
個人的にはルート全体での印象としてはセイバールートのほうが燃えでした。
凛ルートは終盤の展開にちょっと不満があるんですよ。

エミヤとの決戦(同時進行でランサーの漢っぷり)→決着。ギル様登場→
盾になるエミヤ→「―――あのサーヴァントは、衛宮士郎(おれたち)の敵ではない」がーっとここまで来てテンションMAX! さあラストバトル!?

「煤で汚れる。命拾いしたな、小僧」


( ゚д゚)
…この人は、なにを言っているんだ。



そんな“体は隙で出来ている”ギル様に(*´Д`*)なのですが!
ここは得意の油断スキルを発動せずに一気に決着をつけて欲しかったな…。

せっかくここまで盛り上がったのに、どうせ予定通りにいく訳が無い作戦会議を
このあと延々と見せられたのが、正直かなり水を差された気分でした。

そんな気分だったので折角の凛とのエロスも心ここにあらずといった感じで読んでたり。
城に行く前にやるこたさっさとやっちゃってれば良かったのにー。



で、そのエロシーンなんですが
士郎のふがいなさにイライラ。
別に主人公は童貞君でなくても良かったのでは。
特に桜とはあれだけチャンスがあったんだから
一回くらいアナルへ特攻(ぶっこ)めと言いたい。俺の趣味ですスミマセン。


ベストED
桜ENDトゥルー


これで最後。俺にとって最高のEDは桜トゥルーでした。
終わり方は、やっぱこれしかないですよね。
お粗末ですが、桜には幸せになって欲しいんで。










P.S間桐臓硯について
この虫ジジイはしぶとかった。心底早く死んでほしかった。そうこちらに思わせるということは、悪役としてはいい仕事をしていたということでしょう。追いつめられた士郎を皮肉たっぷりに散々あざ笑ったところなどは、士郎以上に(?)悔しい思いをさせられたものです。
最期でのユスティーツァとの会話から察するに、彼もかつては「世界を幸せにしたい」という崇高な願いをもって聖杯作りに取り組んでいたようです。ということは、もともと士郎の願いと同じものを持っていたわけです。それが人に許されざるほどの長い生を経て、いつのまにか当初の目的を忘れ、エゴに走ってしまったということでしょうか。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://akatuki871.blog73.fc2.com/tb.php/75-1415bb26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。